6 thoughts to “なんだかイヤになってきた…”

  1. > カスが少々固いこと
     京都駅近く(陸橋の脇)の某店で。
    「おじちゃん、カス入れてくれた?」
    「もちろん」
    「見あたらないんだけど?」
    「あのね、知らないだろうけど、カスっていうのは加熱すると解けてなくなっちゃうの。まぁ調味料みたいなもんだね」
    「??聞いてた話と違うけど?」
    「そりゃデタラメ吹き込まれたんじゃない?」
    ってやりとりが昔ありました。あれって…

  2. 樹村さん、早っ!
    あの店の場合、カスをものすごく細かく切っていて、ほんとうに調味料みたいな感じなんです。わたしももともとはそういうふうにしていたんですが(安あがりでもあるし・笑)、最近は少し大きめに切ってはっきりと「具」にするほうが好きになりました。
    まぁ、このあたりは「店のポリシー」というところで、でたらめじゃないと思いますけど。

  3.  調味料としても、味その他ナニも感じなかったんですけど… ホントに入っているのかしらん?よし入っていたとしても、味もナニも感じないんじゃ意味ないような。

    > ものすごく細かく切っていて

     見せて貰ったら、味の素みたいな白い粉状でした。あれは切るだけじゃなく、スリコギでも使わないと、あぁはならないような

  4. この話題を拝読するたびに真面目に思って居ります・・・

    カスって、何者?

    東京では何のことだか、真剣にさっぱりわかりません・・・

    なんですかね?

  5. ↑わたしも「カス」を知らなかったです。今だにそれが入っている「お好み」は食べたことがない。
    それとね、「お好み」って「寿司の食べ方」かと思ったよ。「お好み焼き」とは言わないんだね。

  6. たぶん、あの「粉」が入っていないと、風味が変わるはずなんです。ただ問題は、わたしはあの「粉」が入っていないものを食べたことがないんで、比較できないんですよ。ちなみにあの店、今は閉めてはります。
    > あきらさん
    カスね。
    http://www.aburakasu.com/
    自社の宣伝が入っていて、「ちがうやろ!」というところもないわけじゃないですが、参考にはなるかなぁ。

    > 東じゅんさん
    となりにいるまりあさんは「とまっている寿司は見たあらへん!」と叫んでいます。
    関西では「おまかせ」って言うんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。