一晩あけて…

なんか、「はぁ…」という感じです。むずかしいんだなぁ、テレビって。
いままでは、テレビに出る時って、たいてい「取材を受けて」という立場でした。だから、それなりの時間をかけてもらっていましたし、日常生活がそこで描かれていた(はず)です。
ところが、今回はどちらかというとコメントする立場です。すると、2時間かけた収録から10分間*1を切り取らなくちゃなりません。しかも、コメントする立場で参加したのは4人。そこに広美さんご本人と司会者団3人、計8人がいる。となると、一人当たり1分。で、やっぱり主役は広美さんだから、となると、わたしに割り振られる時間は30秒〜40秒程度と考えればちょうどいいわけです。となると、2時間の中でいろいろ話をした中の、ほんの一部、言ってみれば「結論だけ」が放映されるわけです。
実は、前の放送に対して、広美さんはNHKに手紙を出ておられたのですが、その中に「生活感がない」ということを書かれていたんです。ショックといえばショックです。でも、そうなってしまうんでしょうね。
あの収録は水曜日の夜にありました。これ、みなさんのスケジュール調整をすると、そこしかなかったわけです。でも、たとえばわたしはそのために授業に穴をあけるわけにはいきません。なので、そうとうに無理をしています。これは、もちろんわたしだけじゃなくて、あそこに出演していた人たちはみなさんそうです。仕事や生活をやりくりして、なんとかあのスタジオに集まっている。また、そういうふうに日常や仕事をやりくりできるようになるために、やっぱそれなりに、日々淡々と当たり前に生活をし、当たり前に仕事をしています。でも、そういう仕事や日常は、やっぱりあのスタジオでは出てきません。結果、どうしても「言葉だけのやりとり」になってしまう。
どうやれば伝わるんだろうか。もっともっと、ひとつひとつの言葉をていねいに自分の中に落とし、そこからわきあがってくる言葉を選びながら話をしなくちゃならないんだろうなぁ。むずかしいです…。

*1:今回は、28分の放送時間のうち、最初の17分はオープニング+田中広美さんのビデオで、エンディングで1分と考えると、残りは10分です

2 thoughts to “一晩あけて…”

  1. あんまり悩むところじゃないよ、きっと。テレビでいつきさんの伝えたいことが伝わるわけがないと思って割り切る方がいいと思う。「番組を作る人が伝えたいこと」に沿って切り取られていくんだし、時間という制約もあるし。広く伝わるけど浅く一面的にしか伝わらない、そういうもんじゃないかな。だからこそ、ライブの漫談や語りが大切なんだと思うよ!

  2. ありがとうございます〜(;_;)
    そうですよね。一番大切なことは、自分が生きている足元から、どう拡げていくかなんですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。