で、放映

やっぱり、田中広美さんのVTRは迫力があります。
収録のあと、みんなで一緒に呑んでいて、広美さんってトランスというだけじゃなく、いろいろと苦労もしているし、一方すごい能力のある人だなぁと思いました。そんな広美さんが、とりあえず「評価をされた」ということは、実は当たり前のことなんだと思います。
あと、今回の放映ではカットされていたけど、id:annojoさんが「トランスの人はよく働く」って言ってました。まぁ、「トランスはタダではできない」ので、必然的にお金が必要になります。すると、必然的によく働くということになってしまうわけで…。それがいいことかわるいことかはおいといて*1、「労働力」としてみるならば、企業にとってはプラスの要因に働くことが多いんじゃないかということなんです。
「本人の能力適性以外のことを合否の判断材料にしない」ということは、これまでの就職差別との闘いの中で築きあげてきた「価値観」です。その闘いの成果の上に、今の私たちがいるんだということを、あらためて感じさせられました。

*1:つまり、人間を単に労働力としてみるのか、それとも「人間」としてみるのかということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。