企業から学んでみた

ちょっと気になったことがあって、「無能な経営者」ってどんな人かネットで調べてみました。ところが案外「無能な経営者はこんな人」っていうのがないんですね。まぁ、そりゃそうか…。で、ふと気づいて「有能な経営者」でググるとけっこう出てきました。で、みつけたのが「ドラッカー」という人が書いた本からのリスト。
ちょっとコピペ。

  1. 「何をしなければならないのか」と自問自答していた。
  2. 「この企業にとって正しいことは何か」と自問自答していた。
  3. アクション・プランをきちんと策定していた。
  4. 意思決定に対して責任をまっとうしていた。
  5. コミュニケーションへの責任をまっとうしていた。
  6. 問題ではなくチャンスに焦点を当てていた。
  7. 会議を生産的に進行させていた。
  8. 「私」ではなく「我々」として、発言したり考えたりしていた。

ということは、これの逆が「無能な経営者」なわけですね。

  1. 「何をしたいのか」をひたすら主張する。
  2. 「わたしが正しいと考えることは何か」をひたすら主張する。
  3. 「どうすればできるか」というプランがなく、とりあえずやってみることにする。
  4. 決めたことのあとは、誰かに責任を負わせる。
  5. 人の話は聞かない。
  6. 悪かったことのあら探しをする。
  7. 会議の目的を明確化させず、議事を迷走させ、あらかじめ決まった結果に持っていく。
  8. 発言や考えの根拠は「私」。

なるほどなぁ。いるいる。あっちにもこっちにも。

2 thoughts to “企業から学んでみた”

  1. 今日のいつきさんの日記、とてもためになりました。「企業から学んでみた」のダメ経営者の項目は、私にも当てはまりそうで、心が痛みました。
    「ハートをつなごう」の第1日目の放送には、感動しました。広美さんの誠実で一生懸命な生き方に感動しました。多くの人にこのような番組を見てもらえたら、性同一障害の方に対する理解も深まると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。