アンケート

この3日間のツケが来るのが翌月曜日です。きました。
とにかくしんどいです。あたりまえだけど。でも、仕事は否応なくやってきます。
というところで思い出しました。「授業についてのアンケート」をまだとっていないんでした。これ、別にとってもとらなくてもたいていわかるんですけど、まぁ「やれ」と言われたのでやろうかと。ちょうど体調が悪かったから、授業の最後の10分くらいはこれでつぶれます(笑)。いや、やらずにすむならちゃんと授業をするんですけどね(笑)。
で、結果。まぁ、あんなもんでしょう。意外だったのは静かなクラスで「授業中私語が多くてうるさい」という声がちょこちょこあったこと。うるさい方のクラスでは「まだ数学は静かだけど云々」まじっすか、あれで静かな方ですか…。
ところで、このアンケート、記名式なんです。ところが、よそのクラスで「名前書くの、いや」という生徒がいたそうな。そういえば、わたしのクラスでも「名前書くの?」って聞いていたな。たしかに、記名式だと正直なことを書きにくいかもしれないです。
ただ、書いてもらう側としては、記名式じゃないと意味がないところもあります。というのは、たとえば「授業がわからない」というアンケートが帰ってきても、それが数学の得意な子が書いたのか苦手な子が書いたのかで意味あいが変わってきます。あるいは、「授業がうるさい」というアンケートが帰ってきても、それが席がうしろの子が書いたのか前の子が書いたのかで意味あいが変わってきます。本当に子どもたちの声をひろいあげようと思ったら、やっぱり名前を書いてほしいわけです。で、書いてくれるかどうか、特に「悪いこと」を書いてくれるかどうかは、書いた内容が「評価」に結びつくかどうかと直結するわけです。いくら「関係ないよ」と言ったとしても、生徒が信じてくれるかどうかは別です。
そんなことを養護教諭と話をしていたんですけど、ふたりの間での結論は、「生徒と教員の間にいい関係があれば記名で書いてくれるし、いい関係ができていなければ「名前書くの、いや」となるよね」ということ。で、さらに「わざわざアンケートをとらなくても、その時点でわかるよね」ということでした。
う〜ん、自分たちで出した結論ながら、恐ろしいわ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。