で、衆院も

通ったよ…。
なにより怖いのは、このことが職員室で話題にならないこと。
かつてだったら、ラジオなりテレビなりが鳴っていて、刻一刻と情勢を追う人もいただろうに、いまはみんな淡々と仕事をしています。もしかしたら、ネットで情勢を追う人もいないんじゃないでしょうか。
なんでこんなことになったんだろう…。
とりあえず、放課後、会う人ごとに「通っちまったよ」と声をかけました。

で、衆院も” に4件のコメントがあります

  1. 通っちゃいましたね。私も同じように「なんでみんな平然としてるの?」って感じでした。ある種の諦め感なのでしょうか。

  2. どれだけ危険な改正か知らない人が多いんでしょう。以下のページが参考になるでしょう。
    ●教育基本法は「家庭教育」も対象、隣組復活への道が仕込まれている
    http://blog.goo.ne.jp/hosakanobuto/e/bcd32aa36bea49b6726c9dcca5e666a2
    ●第90回 踏みにじられた教育基本法審議 安倍アナクロ強権政治の誕生
    http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/feature/tachibana/media/061117_kyoikuho/

  3. 平然としていられないのですが、簡単に風穴をあけられない閉塞感がただよっていますね。教育改革をしようとしている具体策がまだ現場にはおりてきていなくて、子どもを主体に考えられる職場であることが幸いなのですが・・・・

  4. > 「家庭教育」も対象
     家庭教育を対象にすること自体は、そうヘンじゃないような… 今って、教育の歪みの責任を学校教育に押し付けすぎている気がします。昨今の問題は、親や家庭教育にも責任あると思う。
     それを国がやろうとするあたりに不安を感じられるんでしょうが、かと言ってほっておいて良くなるとも思えないし… 難しいところ?今後の政策の中身次第?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。