どんなけ…

  • 朝ご飯

朝起きたら名古屋。まぁ泊まる気だったから、これで正しいんですけどね。
みんなで某フォーラムの会場へ。とりあえず受付をすませて、朝ご飯を食べに行こうと言うことで、会場を出ました。ブラブラ歩いていると「吉野屋」。朝から豚丼はきついです。なので、パス。その向こうに喫茶店があります。「喫茶店、ありますよ」と言ったのですが、みなさん無視。その向こうに目線は行っています。もしかしたら…。「ビールほしいんですか?」と聞くと、「もちろん」というあたりまえの返事。ところが、名古屋って品行方正な町みたいで、朝10時からお酒が飲める店は開いていないみたいです。しかたなしに入った「宮本むなし」。扉には「おかずとビールのみのお客様はお断りします」とあります。みなさん、しかたなしに定食を頼まれました。さらに、チケット販売機には「純生はお一人様1本」とあります。とりあえず、一枚だけ買われました*1。で、みなさんあっという間に呑まれます。で、お店の人に「もう一本あかんの?」と聞いてます。「だめなんです」と言われて_| ̄|◯しています。「せっかく冷や奴があるのにビールがないなんて」「奴がのどにつまる」みたいな感じです。いや、朝10時ですって…。

  • 昼ご飯

朝ご飯の後、いちおうフォーラムにもどって、その後昼ご飯。昼ご飯ついでに打ち合わせをすることになっていたので、相手と待ち合わせ。その後、名古屋駅の地下のそば屋に入って、まずは生中で乾杯。そこから打ち合わせがはじまったのですが、同時に泡盛をボトルで注文。しかも、みなさんほとんど食べません。どないなってんねん。あっという間にボトルが開いたのですが、打ち合わせに後から来る人を待ちながら「もう一本」。これもそろそろあくかと言うところで、後から来る人釜もなく合流とのこと。そこで店を変えることにしました。すでに時間は4時過ぎ。さすがに居酒屋が開きはじめる頃です。店に入って、生中組とワイン組。2時間ほど話をしたところで、打ち合わせも終了。生中とかワインボトルも終了。一番呑んだ人は、すでにかなりいってます(笑)。

  • 晩ご飯

昼ご飯が6時過ぎまでかかった関係で、晩ご飯はパスになるかと思ったのですが、一番呑んだ人が「もう一軒行こう」と言いはじめたので、行くハメに。手打ちうどんの店です。一番呑んだ人が「焼酎をボトルで」というのを残った二人で必死に押さえて、なんとかショットに持ち込むことができました。それでもなんか「3人でちょこちょこっと呑んだらボトルなんて開く」とかブツブツ言ってます。もう、わたし、限界越してるし。わたしは釜揚げうどんを食べてちょっと酔い覚まし。その後、一番呑んだ人を新幹線ホームまで案内して、わたしは関西方面へ。その人は関東方面へ。

てな感じで、ひたすら呑みまくっていた1日でした。
帰りの新幹線こだまはあっという間でした*2。帰ったら、もちろん爆睡です。

*1:もちろんわたしもつきあいましたけどね(笑)

*2:ちなみに、行きは「ひかり」です。ディスカウントチケットを買ったら、正規料金ののぞみより往復で2000円ほど安い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。