部落の料理

授業終了後、しばらく時間をつぶして、隣町のK市のムラ中にある「じんじん」というお店へ。ここ、部落料理を出すということなんです。ホンマかいな…。てか、部落料理ってなんやねん。いや、わかるけど(笑)。ちょっと挑戦的な気分*1で連れて行ってもらいました。
お店の構えは、ちょっと民芸ふうのおしゃれな感じです。

中にはいると、ムラ中の飲み屋という感じです*2。で、メニューを見て、思わず笑いました。

もちろん、全品頼みました。んまかった〜\(^o^)/!
ちなみに、話の方は部落問題から結婚問題、そしてセクシュアリティのことまで、かなり横断的な話になって、すごくもりあがりました。たぶん、こういう話が普通にできるのは、ここがムラ中にあり、しかも、「部落の料理」って堂々&普通に出している店だからなんでしょうね。
やがて、ここのお父さんが帰ってこられて、話はもう一盛りあがり。あまりにもぁゃιぃ話なんで、内容をここに書くのはやめておかなきゃならないかなぁ。残念です(笑)。
さんざん盛りあがっていたのですが、お店のお母ちゃんが、ここがK市であることを思い出させてくれました。あわててお店を出て駅へ。そのままJR→最終地下鉄→最終バスで無事帰宅。みんな寝てました。あたりまえか…。

*1:わたしもいろいろ知ってるでぇ、みたいな

*2:って、どんな感じやねん(笑)。いや、単にわたしの直感です。てか、前にすんでいたところの飲み屋と同じ感じなんですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。