あかん、書けへん…。

原稿書かなくちゃ、書かなくちゃ、書かなくちゃと思うのですが、どうもあきません。
そういえば、9月はじめに「教職員劇ニュース」っていうのをうちの教職員向けに出したのですが、そこでも原稿が書けない「言い訳」を書いていましたわ。引用してみます。

編集部(以下、編) こんにちは、自称教職員劇担当さん。今年は、教職員劇は復活するんですか?
自称教職員劇担当(以下、自) 結論から言うならば、今年も断念せざるを得ないという、苦渋の決断をしました。
編 そのあたりの経緯を教えていただけますか?
自 実はですね、今年は去年に引き続いて、すごくキャストに恵まれた年なんですよね。しかも、8月終盤には、あらたなキャスト候補の参入もありました。
編 あらたな…。あぁ、「来た人は出るもの」と、あることないこと言って、強引に出てもらえるということですね。
自 まぁ、そうとも言います。で、夏休み最後に某所の屋上でビールを飲んだ時、酔っぱらった勢いで、「今年はやるぞ!」と宣言したわけです。
編 ほう、そこまでいった。
自 そうです。もう、主役も決まっていた。テーマも決まっていた。あとはそれを文字にするだけだったんです。
編 あなた、10年前とぜんぜん変わっていないですね。それが一番時間がかかるし、いつもそれでキャストのみなさんに迷惑をかけていたんじゃないですか。4月ぐらいから脚本をつくることってできないんですか?
自 それはむりですね。
編 えらいきっぱり言い切りましたね。
自 ええ、4月には決定的に足りないものがあるんです。
編 それはなんですか?
自 小ネタの神様が降りてこないんです。
編 小ネタの神様ですか…。
自 そう、小ネタの神様です。それからね。
編 まだあるんですか。
自 それからね、妄想の神様もいないんです。
編 妄想の神様ですか。
自 そうです。4月なんて、現実だらけの時期じゃないですか。現実からはなにも生まれてきません。現実からの逃避が極限まで達した時に、妄想がふくらんでふくらんで、その時、心の奥底から文字がわき出てくる。そして、芝居が生まれるのです。
編 ハイハイ。じゃぁそろそろ紙面もつきかかったことですし、最後になにかひとことありますか?

そうなんです。小ネタの神様と妄想の神様がまだ降りてこないんです。
困った…。

あかん、書けへん…。” に5件のコメントがあります

  1. 浴びるほど飲まないと降臨なさらないでしょう。で、降りてきてもへべれけで書けないんだな。そういうときは、先達の知恵を拝借するといいながらパ○リ・・・。

  2. 神様の降臨は飲まなくても大丈夫。それよりも、煮詰まらないとダメなんです(笑)。あ、降臨しつつある…。

  3. バナナを食べてみたらいかがでしょうか。
    頭の能力がアップするそうです(byあるある)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。