合宿初日

てことで、今度は放送部の合宿です。よくもまぁ、これだけあちこちほっつき歩けるものだと自分でも感心しますが、一応仕事みたいなもんということで。正式にはクラブ指導は「本務」ではないんですけどね。
行き先は、今年になって京都市最北部になった場所です。その中でも某集落の最北端。その民宿をすぎると、あとは林道。そして「廃村」しかないという…。みんなで電波のたち具合を確かめたのですが、AU×、docomo×、J-phone×、もちろんairH”も×。民宿のお母さんが「部屋からは電話がかけられないので、外にある公衆電話を使って下さい。あと、外から電話が来た時には部屋に転送しますから」とわざわざ言いに来て下さいました。てことで、これから3日間、携帯のない静かな日々が続きます。当然日記をいじることもできない、と。
ところで、放送部がなんで合宿を?というのが当然の疑問なんですが、一応書類には「部員の親睦と放送技術の向上」と書いています。実は、その通りなんです。あと「鍛錬」とか「通過儀礼」という一項目もありますが。
てことで、初日の主なメニューは放送機材の扱い方です。何種類かの放送機材をどうつなぐかとか、ミキサーがどんな使い方ができるのかなど、2〜3時間のんびりと講習。で、わたしはその間たまりにたまっているお仕事。
夜は、通常は放送原稿づくりなんかをやっているのですが、なんか気が乗らないし、卒業生でお守りしてくれる人もいないので、なんとなくダラダラ。二部屋に別れてそれぞれテレビを見ながらまた〜りと過ごしていました。わたしの部屋では日航機事故の特集がず〜とついていました。そういうのが見たい生徒がいるらしいです。ようやくわたしのたまった仕事のうちのひとつが終了。気がついたら「探偵ナイトスクープ」の時間でした。久しぶりに大笑いして、一日が終了。
完全に遊びに来ています(笑)。

誰も来ないイベント(笑)

ウチの組合、人数が少ないんです。でも、それを維持していかなくちゃなりません。そのためには、やっぱり何かなくても集まっていろいろ話することが必要かなぁと思います。とくに、若い世代にとってはね。
ということで、お盆前に教組の事務所に集まって持ち寄りパーティーをすることにしました。ところが、1週間ほど前に何人かにメールを送ったのですが、何も返事がありません。来ないなら来ないでメールをくれたら中止できるのですが、なにも返事がなかったら「もしも来た時に」と考えてしまいますよね。で、昼ご飯のあと、昼寝をしていたのですが、無理矢理体を起こして行きました。
結局1時間ほど待ったのですが、誰も来ません。まぁそんなもんだろうと思っていたのですが…。3回やって同じことが起こったら、もうやりません(涙)。
てことで、友だちの◯子ちゃんを呼び出して、近くで軽く飲み。毒を吐きまくっていたのですが、徐々に体調が悪化(中ジョッキ1+梅酒ソーダ割り1でアウト)。「せっかく来てもらったのにゴメン」ということで、店の外へ。ここでもしばし「DP法に予想される要件」あたりを話ながら毒をまき散らしていました。まぁ、帰りに別のものをまき散らさないようにしようかな。

鶏と牛で2品

  • まずは鶏の胸肉を器に入れて、レモングラスを散らして白ワインをふりかけます。あとは蒸し器にかけるだけ。ホワイトチキンみたいなもののできあがりです。
  • 牛肉のブロックに塩コショウをして、ダッチオーブンに入れます。20分ほどたったら火の通り具合を確認します。確認方法は、鉄串を突き刺してちょうど肉の中心あたりになったところを唇にあてるだけ。人肌くらいだったらOKです。ローストビーフのできあがりです。

面談のつきあい

お盆もいよいよはじまるかという今日ですが、ちょっと気になる子がいるので、担任さんがする面談につきあわせていただくことにしました。
しかし、気になる子の面談ってなんとも言えない気まずい感じですね。担任が親に伝える内容は子どもにとっては怒られる内容ばかり。ふだん隠していたことが全部ばれるけど、逃げることができない。泣きが入ったりケンカが起こったり。まぁ、夏休みのいつもの風景です(笑)。
その後、明日からはじまる合宿の準備です。
で、いったん家に帰って夕方からのイベントの準備。

なぜか愛地球博

この夏休み、唯一と言っていいような家族サービス(ハプニング的にはいるのは別)で、愛地球博に行くハメになりました。
事前にいろいろ調べたのですが、一番参考になったのは姐さんのサイトでした(ども、ありがとうございました)。
とりあえず、車だったので民営駐車場に車を持っていって、その後リニモにちょこっと乗って万博公園駅へ。リニモって、静かで揺れないですね。まぁ500km/hだったらわからないけど。で、ゲートに並んだのですが、ここでいきなり怒り爆発です。隣のゲートは動いているのに明らかにわたしが並んでいるゲートは動かない。よく見てみると、隣のゲートでは並んでいる時に諸注意をする人がいるのですが、こちらには誰もついていない。おそらくそのせいで、荷物チェックにかなり時間がかかっていると思われます。途中からこちらにも諸注意が入りはじめて列が動きはじめました。しかし、手際が悪いわ。空港だったらたぶんフライトに間にあわへんで。

ようやく中に入って、まずは受付へ。実はガスパビリオンで、「炎のマジックショー」を見たかったのですが、昨日のテレビで「事故が起きて10日はやらない」というニュースがあったとか。確認するとやっぱり中止でした。今回、唯一入ろうと思っていた企業パビリオンでしたが、これで没ですね。

その後、参加体験ゾーンの「わんパク宝島、ロボット・ステーション」へ。ここで下の子どもがおおはしゃぎです。まぁ、滑り台とか適当に遊んでくれるロボットがいるから、そんなもんか。そうそう、お姉さん型のロボットにはびっくりしました。パートナーに「並んで写真撮ったろか?」と言うと、「いらんわ!」と言っていました。

で、昼ご飯。とりあえず早い目にということで、名古屋名物のきしめんとかウナギむすとかみそかつとかでサクッとやっちゃいました。その後、ゲゲゲの鬼太郎のなんちゃらへ。まぁ悪くないかなぁ。

で、「せっかく来たんだから、グローバルコモンに行かなくちゃね」ということで、まずはhref=”http://www.expo2005.or.jp/jp/c0/c3/c3.15/index.html“グローバルコモン6へ。ラオス館・タイ館・ヴィエトナム館・南太平洋共同館とまわりました。ラオス館…、子どもはひたすら楽器を叩いて楽しんでいました。タイ館…、さすがにSRS関係の展示はありませんでした(笑)。ヴィエトナム館…。ヴィエトナム館…、子どもに引っ張られてすぐに出てしまいました。南太平洋共同館…、ここが一番よかったかなぁ。のんきな音楽が鳴っていて、舟をデザインした休憩所があって、たくさんの人がくつろいでいました。そういえば、どこのパビリオンでも「触るな」とか「座るな」と書いてあったのですが、そういうのとは対照的でした。

で、ゴンドラに乗りたいと騒ぎはじめた下の子を連れて、モリゾーゴンドラへ。瀬戸会場に向かうことにしました。なんでもパートナーが唯一行きたいと言っていたのが愛知館で、「カマキリが見たい!」がその理由です。よくわからん…。瀬戸会場の方は長久手会場とはぜんぜん違う感じですね。ゴンドラ降り場のところは風が通って気持ちがいいです。愛知館は…。まぁ、見方によっては「環境破壊の言い訳館」という感じでした。で、ここでも下の子どもは単純に紙芝居につかまって延々と見ていました。それにしても、適当なところでサクッと帰っていく人たちが多い中で、最前列でともかく最後まで見続けるというのは、それはそれでいいかも…。

で、ふたたびゴンドラに乗って長久手会場へ。並びながら「もう帰ろうか」「アジアあたりだけはまわろうか」と相談していたのですが、結局アジアの方面へ行くことにしました。パートナーはパキスタン館が目当て。わたしは韓国館、上の子どもは中国館です。ちなみに、下の子どもは「臭いがする」とかぬかしてどこにも入りません。そのかわりに「アイスクリーム」と騒いでいました。
結局、目的が果たせなかったのはわたしだけ。だって並んでいるんだもん。韓流ブームのせいかなぁ。まぁいいけど。他にもいくつか見たのですが、わからないひとにはわからないという感じです。でも、わかる人にはわかるみたいで、パートナーはパキスタン館に入ったきりなかなか出てこなくて、出てきた時はえらい興奮していましたから。

そろそろ夕方、涼しくなってきたけど「帰ろうか」「どうしようか」と相談しながら、せっかくだからマンモスを見に行こうと。で、行ってみると30分待ち。あきらめてワールドレストランでしばし休憩。センターゾーンではなにやらスクリーンに映しています。下の子どもが「ちょっと行ってくる」と言い残して走り去っていきました。しばらく3人で話をしていたのですが、ふと不安になったのか、パートナーが「じゃんけんで負けた人が探しに行くということにしよう」と提案。じゃんけんをすると、お約束通りパートナーの負けです。出、探しに行ったのですが、いない。まぁそんなもんだと笑いながら(ひでぇ〜)、ひょいと横を見ると、下の子どもが立っていました。まぁそんなもんです。
さあ帰ろうと立ち上がった時に、トワイライト・コンサートがはじまりました。津軽三味線の音が鳴り響いたので、ちょっと見ていくことにしました。それにしても野外コンサートなんて何年ぶりだろう。でも、まぁ子どもたちもいることですから、15分ほどで脱出。あとは帰るだけです。
高速道路をひた走りに走って、11時半頃に帰着。あとは爆睡です。

で、あとは寝るだけ

宿泊は海員会館。みんなから「なんでやねん」と笑われたけど、安いから(笑)。ちなみに、ゲイバーのお兄さん「いい男がいるんだったら代わってあげるわよ!」と言っていましたが、みんな寝ているらしく、誰も歩いていませんでした。なにせ、門限11時ですから。

で、交流会

その後ポケパークで散財(笑)した家族と合流。下の子どもは遊園地を出るのが悲しかったらしく、ものすごく機嫌が悪い。そやけど、キミ、その手に持っているピカチュウの光る扇風機はなんやねん。
今日はせっかくなので家族も一緒に交流会に参加です。実行委員会の人たちと、実行委員の方の友だちのトランスの方も一緒です。話の内容は…。前半は、変な反応をするうちの子どもたちをいじくって遊んでいました。後半は、オペの話でもりあがりました。しかし、トランスの方、最近タイでオペをされたらしくて、やっぱりうれしいんだろうなぁ。活き活きとした表情で話しておられました。パートナーが「うらやましいんやろ(笑)」と言っていましたが、まぁ人それぞれのペースで生きていますから…。
9時過ぎにその場はお開き。その後、「もうちょっと」という4人で近所のゲイバーへ。オネエ言葉前回のお兄さんの話に1時間笑いっぱなし。接客業の奥の深さというか業の深さというか、そういうものを垣間見させていただきました。

で、話

どうも三重では各種研修会を夏休み中に頻繁にやっておられるようです。いいなぁ。なんでも、先日は朴慶南さんも来られたとか。で、わたしは「多様な性をなんちゃらする社会を実現するために」などというテーマで話をすることになっていました。でも、ネタなんてそんなにある訳ありありません。話の内容はいつもの通りです。
もらった時間は2時間チョイ。はじめの1時間くらいは結構ウケたのですが、後半いまいちわらいが取れませんでした。もちろん涙なんて一滴もありませんけどね。みなさんまじめな方のようで、まじめに聞いておられました。新しい体験だなぁ。ビデオも用意してもらっていたのですが、流すヒマもなく終了。すんませんでした。
あとで喫茶店でアンケートを読ませてもらったのですが、けっこう好評だったみたいです。みんなまじめだなぁ…。

ぎょうざ専門店!

「料理」というカテゴリーだと、なんだか自分でつくっているみたいなので、「ごはん」というカテゴリーで統一だな。ま、そのうち他の所は訂正をします。
で、四日市で友だちと合流して、まずはお昼ご飯。「なにを食べましょう?」「いやビールが飲めたら(笑)」ということで、向かった先が「新味覚」というぎょうざ専門店。笑いました。メニューが「ぎょうざ」「ビール」「お酒」「ジュース」「牛乳」以上、おしまいです。わたしが頼んだのはぎょうざとビールです。で、友だちはぎょうざと牛乳です。で、お味の方は…。けっこうあっさりしているかなぁ。王将だの萊々だので慣れたわたしの味覚からすると、「お、軽い」という感じです。ちなみに、ニンニクは入っていません。その代わりに、刻みニンニクの入ったラー油のタッパー(メチャ大きい)が横にあって、それをたれに入れて食べます。この後人前に立つ用事があったので、さすがにニンニクは入れるわけにはいきません(てか、はじめからニンニクが入っていたらどないすんねん!)。なので、ラー油をちょこっと入れたのですが、なんとも言えない香りがします。これは正解ですね。んまかった。

家族でお出かけ

今日は四日市で話をするので、それにひっかけて、プチ家族旅行にしようという話になりました。それにしても、家族でお泊まりっていつ以来だろう…。ちなみに、はじめは電車で行こうと言っていたのですが、4人で新幹線に乗るとメチャクチャ高いことが判明。情けないけど、車で行くことになりました。
前の家からだと、名阪国道からスタートなんですけど、いまは少々勝手が違います。いきなり京都東から名神にのるのですが、どうも慣れないですね。でも、やっぱりけっこう便利かな。あとは、ひた走りに走って、名古屋高速だの都心環状だのを経由して、やっとついたのがポケパークです(笑)。まぁ、下の子どもがおこちゃまなので仕方ないか、と。
そこで家族3人を降ろして、わたしは四日市へ。