うれしいメール

今日はのんびりな水曜日です。しかも合格発表の日なので45分の4時間授業。もっとも、わたしは午前しか授業はないですけどね。
授業と言ってもプリント授業なので、とくになにがどうということもなく。質問があったらくればいいけど、質問がない間はフルボッコ大会の準備かな。0からやってたけど、たぶん違いますね。5からやらなきゃならないかな。だって、すべては5に詰まってる。それを言うために3や4があり、3や4が「新しい」ことを言うために2があり、その背景を伝えるために1があって、5で言えたことを「やるぞ」って言うために0がある。
すべては5のためです。
まぁ、9年かけて、やっとそんなことがわかったってことです。
そんなこんなでのつこつ準備をしてると、1通のメールが来ました。この間、gmailに未読があると「センセからダメ出しコメントが来たか?」とビビってましたが、実は個人アドレスに未読があると「もしや、ダメなのか?」とこれまたビビってました。
で、今日のメールは、その「もしや」のほうでした。差出人はこれ関連の人で、内容は「○」とのことでした。いや、これはマジでうれしいです。センセにもさっそく報告。すると、センセも喜んでくてさいました。
もちろん、その「○」を実現するためには、おべんきょを続けなくちゃならんのですが、でもそれはそれで楽しいおべんきょですね。

〆切際の魔術師→完成!

今日も起床は5時です。昨日、5の途中までチェックしたので、その手前からチェック開始です。5はもっとも最近に書いたから、まぁ大丈夫だろうと思ってたら、なんのなんの。ダメなところがいっぱい出てきます。なんか、文章が荒れてるなぁ。やはり勢いよく書くとアカンってことですね。
チェックを終えたらリライトです。とにかく、6時半までに終えなくちゃ。まぁリライトはメモ書き通りにすればいいわけなので、そんなにたいへんではありません。
リライトを終えたら出勤です。
あと残ってるのは、ページをあわせるのと、目次と、そして「よ牛」です。この中では、牛が一番たいへんです。もちろん、前に提出してるから、それを加筆修正するだけなんですけどね。
で、職場でちょこっとやって、あとは授業の合間に印刷製本をしましょうか。
そうそう。印刷終わったのを教室に持っていって、生徒に見せてあげよう。
い「できました。これがハクロンです。9年かかりました」
生「9年って、オレら8歳や」
そうきたか(笑)。でもそうなんやな。そのころからやってるんやな。
で、昼になっておべんと食べながら牛を考えてたけど、突然
「そうだ!謝辞を書こう!」
と思いつくなど。というのは、センセは今年で退職されるんですよね。わたしは最後の社会人Dなんです。だから、やはり書きたいなと。そしてなにより、インタビューに協力してくれた10人の人びとに感謝の意をあらわしたいなと。
「牛」は行きの電車で書けばいいや。
てことで、謝辞を書きはじめました。センセとHがしセンセとN田センセと。そして前のおべんきょ場所のセンセの名前も出さなきゃね。なにせ、こないだもこんな本を借りてもらったしな。
実は製本作業をしなかったのは、これがあったからなんですよね。
で、書きあげたらプリントアウトして、製本作業。おっと、あと10分しかない(笑)。なので若い衆に
「手伝って!」
と頼むと
「いいですよ」
と、やってくれました。さらにもうひとりの同僚が
「駅まで送りましょか」
と。どんだけいい職場やねん。だから書けたんだよな。もしも本になったら、こちらも謝辞やな。
で、電車の中で「牛」をやっつけます。こないだとまったく変わってません。ただ、こないだは区間快速だったけど、今日は快速なので、時間が短い。大丈夫か?乗り継ぎをして、再び「牛」です。今度は30分。最後は地下鉄の中で15分。
うーん、なんかおかしい。できたことがうまくスパっと書けない。そうか!そもそもやりたかったことをはじめに書けばいいんだ!
てことで、整ったけど、20文字ほどオーバーしたところで、駅に着いてしまいました。アカンやん。ガッコまで歩いて、おべんきょ仲間の部屋に行って、そこでやろうかな。てか、誰もいない(笑)。
ここでPCを立ち上げながら、修正です。えい!ばっさり!うまく行きました。と、PCを見たら、なんかwindows updateとかやってます。メッチャ遅いな。まいった。
まぁそんなこんなで牛もプリントアウトできたので、提出しましょう。と、なんか、リポリトジ関連の書類がないとか言われて青ざめるなど。まぁでも後日郵送でいいと言われてホッとして。
今日も4年前のシンポでお世話になった人がおられて声をかけてくださいました。
さぁ、センセのところに行って、あいさつ&本をいただかねば。
この日に、この6年のことがきまったんですよね。あの時「いい研究になると思います」って言われて、ようやくここまできました。
てことで、この6年のことを振り返ったり、これからのことを話したり。
そうそう。
「今回、けっこうおもしろいことをやったと思うんですよね」
というと、センセ
「おもしろいよ。あの論文、好き」
と言ってくださったのが、メッチャうれしかったな。で、そこであげられた事例が「タイツではなく靴下」という、わたしも好きな事例で、これまたうれしかったり。あの実践、すごいんですよね。このおべんきょ成果に入ってるけど、今回さらにパワーアップしたからな。
そんなこんなで1時間以上おじゃまして、さぁ帰りましょう。おそらくここに来るのも、あと1回かな。わからんけど。
2時間かけてお家に帰ったら、子どもがすき焼きつくってくれてました。うまい!
それにしても、ようやくできたというか、今でもできたのが不思議やな。

ピバーク地点まで来た

起床は午前5時です。
と思ったら4時半に目が覚めて、ふと思いついたことがあったので、さっそくPCの前へ。
2時間くらい「蛇足部」をいじって、かなり進んできました。最後まで行くには、パズルのピースが、やはり足りません。絶対どこかにあるはずですがね。
とにかく朝は病院に行かなきゃならないので、一度中断。
センセはあいかわらずです。
医「どうですか?」
い「こんな感じです」
医「ほう、ずいぶんスムースにあがるようになりましたね」
はじめてほめられました(笑)。
てことで、おうちに帰って、再びおべんきょ開始です。
うーん、つながらないのはなぜかはわかってます。「そのまま」ではダメなんです。反転ささなきゃつながらない。でも、反転させることはできるんだろうか。
いろいろいろいろ考えていて、ふと気づきました。それや!つながりました。
つまり「理想はこうだけど、ムリだよね。じゃあこんなこともあるよねー」と書けばいいってことです。
まぁそんなこんなで、昼過ぎにいちおうすべてがつながりました。
ここからは、頭から読んで、誤字脱字のチェックをしながら、背骨の矯正です。これがまた、たいへんです。なにせ、100ページ近くになったから、読むだけでもそれなりに時間がかかります。時間だけがどんどん過ぎていくのですが、過ぎていることすらわかりません。
気がつくと8時です。ダメだ、もう限界。まぁでも0・1・2・3ときたから、よしとしましょう。
で、ビールを呑んでひといきついて…。
でもやっばりもう少しだけ。ということて、4と5の半分くらいまでやったところで、本格的にダウンです。
あとは明日だな。でも、提出日だけどね。

やっぱりやる!

朝起きた瞬間、「やめちゃダメだ」と直感しました。やっぱりやろう。最後のところを書かなきゃ、いったいなんのために「おべんきょ」してきたんだと思いました。いや、なによりも、インタビューに答えてくれた10人の「なかま」に申し訳ない。単なる搾取(←まだリンク先はないです)になってしまいます。
でも、今日は授業と会議が詰まってるしなぁと思いながらガッコに行くと、今日は会議がないらしい。ラッキー。
で、文章を練りはじめたのですが、ダメですね。
突然はじまる職員室の会話、声がでかい。なんでそんな大声でしゃべらなきゃならんのだ?しかも、押しが強い。脳みそに否応なしに声が入ってきて、脳みその中にある文章が押しのけられていきます。思わず
「お前ら、声がでかい!」
と叫んだのですが、脳みその中の文章はどこかへ行ってしまいました(笑)。
まぁそれでも、少しずつ書きはじめたのですが、何かがダメです。なんなんだろう。
そんなことを考えながら、授業の方はそちらに集中しなきゃなりません。なにせ、むっちゃくちゃ数学が苦手な子が、とうとう尻に火がついて質問をはじめましたから、答えなきゃなりません。この質問が難しい。
「この「(」はどうなんの?「{」と違うの?なぜ「(」になんの?」
みたいな質問です。心の中では
「LISPスタイルでええやん」
と思っているのですが、たぶんカッコの対応関係がムチャクチャになりそうなので、そこは説明をしたりするわけですが。
で、職員室に帰ったら、やっぱり文章が出てこない。うーん。
定時が来たのでお家に帰って、ふたたびうなりはじめたのですが、ふと気づきました。
「ケンカしちゃいけない」
そうか。そうでした。ケンカしちゃいけないんでした。できていることを書き、できていないことを書き、そのできていないことをするためにはなにをすればいいかを書くんでした。あるいは、できていることも、立場を変えるとできていないことがわかるので、そこを書くんでした。まずはリスペクトです。
てことで、メッタ斬りモードの文章をバッサリ削除。まずは正当に評価して、その上で、わたしがやってきた「おべんきょ」の観点からそれをあらためて見る。
でも、まだ最後まで届きません。まだパズルのピースが必要です。必ずあるはずだ。それを見つけなきゃ…。
だめだ。ビール呑みながら探そうかな。見つかるはずないけどね^^;;。

やめた!

いよいよ今週の水曜日が〆切です。残すは3.5日。でも、月曜日は授業がガッツリ入ってるし、水曜日の午後は提出しに行くので、実質、今日と火曜日の2日です。火曜日は最終リライトの日にしたいので、書き込めるのは今日が最終日です。
今日のタスクは5の完成です。これさえやれば、最終リライトに到達できます。
まずは2にあわせた書き方にすることです。が、これがなかなか難しい。使いこなせません。まぁ血肉化してないからなぁ。それでも書き方を変えながら、少しずつ前へ進んでいきます。個人的にはまぁまぁおもしろいことやってるとは思うんですけど、そういう時は、どこかに論理の飛躍があったりするからご用心ってやつですね。なので、慎重にチェックしましょう。
ただ、読みながら、これ、日常生活でたまに感じることとちゃうんかなぁと思ったり。もちろんそういう日常の中で起こっていることを明らかにすることが「おべんきょ」なわけで、結論は
「そらそーやろ。そんなんわかってるわ」
とか
「いまさらなにを、ずっと言ってきたわ」
とか言われるのがオチなんですけど、ネットで言うことと「おべんきょの世界」で言うことには違いがあるらしいです。で、「おべんきょの世界」は時間がかかるので、現実はどうしても先行していきます。宿命ですね。だって、わたしはここまで9年かかりましたからね(笑)。
そんなふうにして、いちおう最後までたどり着きました。問題はここからです。「蛇足」を蛇足でない形にするにはどうするか。
いろいろ考えているうちに、「問」の立て方そのものが間違ってるってことに気がつきました。いや違う。「問を立てること」そのものが間違ってるってことです。問は最初に立ててある。そこからここまで書いてきて明らかになったことの先に書かなきゃならないんですね。
てことで、完全リライトです(笑)。
さてどうするか。ここを書いても書かなくても変わりません。てか、そもそもこの日に提出した時点で、あとは「要対応」に対応すれば通るはずなんですよね。だから、あの日のあと、みなさんが「おめでとう」とか「がんばったね」って声をかけてくださったわけです。で、「蛇足」は「書くなら要対応」なんです。書かなかったら対応なんて必要ない。
どうする?
とにかく今日はここにあてると決めていたので、書きはじめました。が、文章が続かない。途中までは書けるんだけど、そこからが動かない。ということは、わたしがやってきたことを、わたし自身が理解しきれてないってことですよね。そしてそれは「使えない」ってことでもあるわけです。それはくやしい。が、パズルのピースがひとつ足りない。きっとあるはずなんだけど、見つからない。
うーん…。
やめた!
書くの、やめた!てことで、書き溜めたのをバッサリ削除。するとすっきり。「今後の課題」で終わってるじゃん。
ここはいずれあらためて書くつもりなんで、そのときに書き加えたらええかな。

焦りがないのが不安

朝、スマホの時間を見たら、寝坊してました。まぁええか。昨日は上の子どもと『ソーシャルマジョリティ研究』のことを話してて、つい遅くなったのでした。
とりま、弟のところに「ブツ」を持っていって、帰ってきたところでおべんきょ開始です。
今日は、昨日センセから送られてきたコメントにしたがって、2の修正からスタートです。どうやら
「赤ちゃんが泣いたの、ママが抱っこしたの」
の解釈がちょっとズレていたみたいです。ということで、原典にあたってみたり、調べてみたり。なるほどな。そういうことか。
他にもいくつか修正しなくちゃならないことがあって、そのあたりを修正。そうそう、4も「加筆したら」って書かれてたので、加筆しようかな。なにせ、副査が西田芳正さんですからね。
で、残る大仕事は5の修正です。2が変わったから、その影響を受けるのは5です。ちなみに、2は5の影響を受けて変わったんですよね。こうやって、「描く手」みたいなことをやっていたら、そのうち収束していくのかな。
ただ、すでに2で言ってしまったから、5ではそこを削除しなきゃならないところもあるけど、そこを削除してしまうと、それはそれでダメだったりします。まぁしかたないからネチネチ行きましょう。
さぁ、あとはゆっくりと加筆ですね。まぁ、
「赤ちゃんが泣いたの、ママが抱っこしたの」
の解釈がズレているくらいだから、ちょっと不安はありますけどね。
てか、この時期に「焦り」がない。なにか大きなことを忘れてそうで、それが不安やな。

やはりアカンな

今日はのんびりした金曜日なので、おべんきょも少しはできるかな。
と思いきや、管理職との面談が入ったり、ipadへのデータの移動方法を変えてみたり、なんだかんだで時間がドンドンつぶれていきます。
まぁそれでも、授業の方は滞りなく進んでいくし、なんかこの期に及んでようやく子どもたちも勉強はじめたし、メンタル的にはマシですね。
とりあえず、昨日書いた2をセンセに送ってみました。すると、速攻でコメントが返ってきました。忙しいだろうに申し訳ないとは思いながらも、こちらが切羽詰まっているのをわかっておられるからでしょうね。ありがたいです。
「◯◯と◯◯について、短期間のうちに、最低限の論文参照で、とても上手に書けているという印象です」
というコメントがあったのですが、これはほめてるのか、はたまた「要領がいいヤツ」ってことなのか、どっちなんだろう。まぁでも後者という解釈は落ち込むだけなので、前者にしておきましょう。ただ、コメントの中にわたしの勉強不足を指摘するものがあったので、そこは少し読み込まなくちゃならんですね。
そんなこんなで、放課後は職員会議。やれやれ…。
まぁ明日あさっての土日が勝負だな。

少しずつ前進

今日の午前は授業にまみれます。が、なんか、子どもたちの様子が変です。ひとクラスは、うるさいヤツらがどかんと前に陣取って、ギャーギャー言いながら勉強してます。もうひとつのクラスは席替えをしたらしい。なんか、見える風景が変わりました。ちなみに勉強する子が前に来たので変です。
ちなみに、勉強苦手な子を前に集めると、その子らに教えてくれる子がまわりにいなくなるので、意欲をなくすか遊んでしまうというデメリットがあります。が、試験前は集めなくていいので楽ですね。
今回の席ではターゲットにしてる子が後ろのほうに行ってしまったのでちょっと困るかな。いちいち教えに行かなきゃなりません。ただ、前の子が教えてくれたから少しマシかな。問題は、苦手な子、わからなくなると、教えてくれる子のせいにしてしまう。授業のあと
「ありがとう。これからも頼むわ」
って言ったら
「ええよ」
と言ってくれたので、さらに
「わからんときに、あいつ暴言はくしな」
と言ったら
「まかせといて!」
って言ってくれたので、助かるかなぁ。

午後はリハビリです。考えてみると、ケガをしてから間もなく1年です。ケガした先輩たちは
「オレ、腕、水平よりあがらへんで」
とか言ってるけど、よくここまであがるようになったなぁ。たぶん、100日ルールを踏み越えてくださったお医者さんと、根気よくつきあってくださった理学療法士さんのおかげですね。まだもうしばらくリハビリ続けて、あと少しあがるようにしたいですね。

で、おうちに帰っておべんきょです。
今日は2の新たにつけ加えた部分をもとのところに埋め込む作業です。
どうも今のままだと、うまくつながりません。どうしたらいいのかなぁ。やはり順番が違うのかなぁ。王道の順番がいいのかなぁ。てことで、ジャズの楽器みたいな名前の人からスタートすることにしました。
で、修正している最中に、
「あー、この説明、あかんわ」
ということで、説明文を変えていったのですが、書きながら「そういうことか!」とどんどん理解できていったのはうれしいです。だから
「赤ちゃんが泣いたの、ママが抱っこしたの」
が理解可能になるのか。ボンヤリとわかってたのが、クリアになった気がしました。
てことで、それに続くところも書き直しましょう。3でやれていることを明確にして「3でやる」って書く。4で言いたくて言ったことを明確にして「4でやる」って書く。そして、今回書き加えたことを「5で使う」って書けばいいのかな。たぶん、一見順番が逆。つまり、2→3→4→5と進むようだけど、実際は2の最後は3・4・5のあとに書くってことが。使いたいことがあるなら、そこへ向けて小説を書くように水路づけしていくってことか。前にセンセに言われたとおりですね。
そんなこんなで、なんとなく2ができた気がしてきました。さてと。あとは5の最後のところだな。「蛇足」を蛇足ではないように書き加えていかなきゃ。そうそう。4もあと少し書き加えたい。今回2に書き加えたいことを使えば、4も説明できるようになります。
明日は金曜日。ますは2をもう1回眺めてからセンセに送って、そのあと4・5の加筆をやって、そのあと全体の整形をしたいな。

今日もギャップが激しい

今日は出張のない出張日です。いや、もともとは午後から出張だったんですけど、このご時世なのでなくなりました。
実は生徒指導関係はやってるんだけど、人権関係は某支店の支店長が「中止」という判断をしました。わけわからん。まぁ、人権とかやってもやらなくてもいいと思ってるんでしょうね。ちなみに、「お前はなぜそう悪い方へ考える?」って言われたら、「そういう扱いをずっと受けてきた」ってのが、その答えです。
ただ、そういう怒りは常に持ってるけど、今のわたしにとってはとても助かります(笑)。
てことで、今日は1日年休です。
ちなみに、明日、オリパラ講演会があって、昨日はその打ち合わせでバタバタしてました。が、昨日帰り際に
「明日年休とるから」
って言ったら、みんな
「えっ」
とか言ってました(笑)。唯一言わなかったのが、若手教員で
「大丈夫でしょう」
とのお返事。たぶん、ベテラン教員は「zoomのトラブルがあったら」とか、なんしか不安なんでしょうね。そんなん、わたしらにはどうしようもないし、そのトラブルの解決はその場における瞬発力の問題ですがな(笑)。

てことで、朝、PCを開いて2の最後を考えはじめます。昨日ヒントは浮かびました。ただ、バラバラのピースの状態です。今日はそれを組み立てる工程です。まずは、バラバラのピースを仮に順番に並べてみるところから。ただ並べただけではダメなので、それらを結びつけていかなきゃなりません。結びつけるためには、それらの「接合面」をうまく整える必要があります。そのためには、ピースを再度読み込む必要があります。

と、センセからメール。フルボッコ大会の日程が決まったとのことです。なので、
「その日の午前はかくかくしかじかの仕事がありますが、前におっしゃってた3時スタートだったら余裕を持って行けます」
と返事すると
「午後に年休とると書いてたから、2時スタートで設定してた。2時半スタートで調整し直す」
とのお返事。
えーと、午後に年休とるとは書いたけど、それは同時に午後にしか職場を出られないってことを意味してるんですよね。で、職場から2時間かかるので、電車のことも考えたら、2時スタートは不可能なんですよね。で、それ、前にメールで書いたんだけどなぁ(笑)。
こういうところで、ふとした意思疎通がビミョーにすれ違うところが、センセのステキなところです(笑)。

てことで、あれを読んで、これを読んで。うーん、これを言ってるのはそれかなぁ。うがー、英語だ(;_;)。いや、待てよ。たしか、翻訳サイトが訳してくれたものがあったはず。うがー、わけわからん。そうか、pdfをテキスト化した時にエラーがあるんだな。こういうときにwordの校正機能は助かります。
そんなふうに並べてくっつけてをしていたら、なんとなくブロックができてきました。
ただし、このブロックを既存のところにはめなきゃなりません。どこにはめるか。あそこかここか。
もちろんはめるためには、またまた既存のところの接合面とブロックの接合面を整えなきゃなりません。ところが、既存のところがガッチリ組まれてるので、どこかをバラさなきゃなりません。それがむずかしい。たぶん「エイッ」ってやったらいいんですけどね。まぁ、氷の「スジ」を見つけるようなもんかな。
そんなことを考えてたら、あっという間に8時を過ぎました。さすがに疲れた。今日はこれにて閉店ですね。とは言え、脳みそは緩やかに動き続けるんだろうけどね。
それにしても、身体が激しく動いた昨日の翌日である今日は、身体はコタツとトイレの往復のみです。その代わり、昨日は脳みそは動かなかったけど、今日は脳みそが激しく動いた1日でした。
ギャップが激し過ぎる。
明日はどっちだ?

ひたすらこもる

1月も今日で終わりです。いよいよ勝負の2月が来ます。そこまでにどこまでできるかです。
昨日せんせからコメントが返ってきたのは大きかったです。とくに「蛇足」と思っていたところが、そうは捉えられていなかったことは大きいですね。というか、6年前からほとんど変えてないのがバレてました。きちんと書けってことですね。
てことで、そこは保留にしておいて、今日のテーマは0・1・2です。こちらはHがしセンセのコメントにしたがってリライトです。考えてみたら、0・1・2のスペシャリストと2・3・4・5のスペシャリストがコメントくださってるわけなので、ものすごく恵まれてますね。ただ、Hがしセンセのコメントはレンジが広すぎます。拾いきるのはたいへんです。しかも英語が多い。まぁでも、英語のレンガは大切なので、最終的には助かるんだろな。
ちなみに海外のサイトはおもしろいです。基本的にはペーパーを手に入れるためにはお金が必要なんですが、探しているうちに「読めない文字」のサイトあたりからpdfがダウンロードできたりします。そんなのを読みながらリライトしていったのですが、あり?省略?すでにコメント済み?あそこ、全面書き換えしたんだけどなぁ。てことは、全面書き換えしたけど、同じことってこと?ただ、大きなコメントならわかるけど、細かなところへのコメントが入ってるので、同じってことはないはずなんだけどな。まさか、またまた全面書き換えが必要?その時間はないけどな。わからん。
てことで、そこはおいといて、次に進みましょう。
と、センセからメール。フルボッコ大会の日程調整です。なんでも、わたしの持ち時間は30分。公開フルボッコ大会の時間が30分。非公開フルボッコ大会の時間も30分なんだとか。てことは、1時間耐えればいいわけですね。なんとか耐えましょう。
てことで、2の最後に新たに書かなきゃならないところを探しはじめました。入り口はわかっています。キーワードもわかっています。そのあたりから検索かけたら、あり?おもしろいレンガが見つかりました。この人どんな人だろうと思って検索したら『最強の社会調査入門』に書いておられました。なんか、一気に近親感がわいたりします。
なんか、そうやってたぐっていたら、あっという間に8時過ぎです。
今日はここまでにしようかな。
センセがフルボッコ大会の日程調整のメールを送っだきてくださったってことは、そこまでいけると踏んでるからだろうし、わたしもなんとなく行けそうな気がしてきた。