再び1ヶ月の山登り

昼にメールチェックすると、一通のメールが。この間の山登りの結果です。ドキドキしながら見ると、再び「プチ修正で桶」です。少しがっかりしたけど、でもしかたありません。
コメントを読むと、合点がいく指摘です。
最初は送ってから半年かけてコメントが返ってきて、前回は送ってから3ヶ月。今回は2ヶ月で返ってきました。たぶん、それだけコメントを書いて下さる人は「わかって」おられて、しかも指摘する箇所がピンポイントに狭まりつつあるんでしょうね。ということは、確実にピークは近づいてるってことです。その証拠に、コメントはそんなに多くはないです。でも、とても重要な指摘です。なんか「言いたいことはわかってるんだよ。それでいいんだよ。でも、書けてないよ」っていうもどかしさが伝わってきます。
この世界の優しさと厳しさをあらためて感じます。そして、「おべんきょ成果」はひとりでつくるものではないってことも感じます。ありがたい。
この山、ほんとに登り切りたいし、登り切るぞ。
にしても、バレンタインデーに来て、返すのがホワイトデーとは^^;。

ノンアルでラストスパート

今とりくんでる原稿は、実は年末〆切だったんですよね。でも、その前に本格山登りがあったから、そのあと気が抜けてボーとしてました。てか、年末はメチャクチャやったし(笑)。てことで、本格的にとりくみはじめたのは〆切翌日になりました。
それでも、書かなきゃならんことはわかってるし、書きたいこともある。まぁ与えられたお題とは少しズレますけどね。でもそれはしかたない。お題を与えてくださった方々のわたしに対する認識と、現在のわたしの課題のズレはしかたないです。ただ、自分なりの精一杯のところで書いているので、やはりどこか不安だったりもします。それでも昨日、ひとつの山を越えました。そして、ふたつ目の山もなんとかなりそうな気がする午前でした。なので、このまま一気に行ってしまいたいなと。だって、明日から仕事がはじまりますからね。
てことで、ふたつ目の山をうんうん言いながら越えて、最後になだれ込む。が、ここで問題勃発。
わたし、何が言いたかったんだっけ(笑)。
いろいろ書いていると、書いてる途中で精力使い果たして、「おわりに」で何を書きたかったか忘れてしまうというパターンはよくあることです(笑)。でも、とりあえず書ききって、いよいよ最後に書く「はじめに」です。こいつもなんだかんだで寄り切りみたいな感じで書いたところで、いつもの通りダメダメ先輩に送ってみたり。先輩、忙しいのに読んでくださいました。
「「おわりに」が薄いね」
はい、そのとーり(;_;)。
なので、再びうんうん言って「おわりに」を分厚くすべく考えます。あ、そういや「おわりに」のタイトルに書いてあることを書いてないわ(笑)。
ということで、結語の部分を書いて、なんとか終了。
ふー、ラストスパートきつかった。

しかし、この冬休みにやろうと思ってたこと、なーんにもできなかった(;_;)。センセに怒られるなぁ。
いやでも、今回の原稿は必ず生きるはず。
なにより今日は一日ノンアルでスリップしなかったし。寝る前はハーブティー飲みながら下の子どもがつくってくれたレモンパイを食べたし(笑)。

とにかく登り切った

朝、病院です。早めに行ったけど、なんでこんなにというくらい並んでおられます。まぁわたしもそのひとりなんで、しかたないですね。
てことで、添え木をはずしてもらいます。

で、出てきた指が…。

伸びてます(笑)。
とにかく洗ってあげて、あとはリハビリの仕方を教えてもらって、今日の診察は終了です。あらためて見ると、やはり伸びてます。

10数年ぶりに見る光景です(笑)。
で、ガッコへ。到着すると、すでにホームルームの時間です。やはりギリギリでしたね。早めに病院に行ってよかった。
あとはスタンプラリーして、お昼ごはんを食べて。そうそう、「虻」をつくってくれた同僚にお礼しなくちゃ。
で、あとはおべんきょです。細かいところをまだまだ詰めないといけないです。それが意外と時間がかかります。あれをここに書こうか。いや、こっちかな。どう書くか、どこまで書くか。そんなことを書いているうちに、なんとなくパズルのピースがはまってくる感じがしてきました。
とりあえずこちらは残しておいて、「虻」のチェックです。えーと、かなり誤訳があります。でもそれはしかたないです。だって、「牛」だって、読む人が読めばわかるけど、わからん人にはさっぱりわからんのでしょうね。いや、「専門用語、わかるかなぁ」って言ってはって「専門用語はほとんどないです」って言ったんだけど、考えてみると、たぶん専門用語を会話で使ってるから、それを専門用語と意識してないだけで、専門用語なんでしょうね。でも、すでに訳してもらっていたら訳し直すのは可能です。これを一からやってたらたぶん終わらないです。ほんとに助かった。
てことで、退勤時間が来たので、いったんとめて、帰りの電車の中で本文の最終チェック。あー、あるわ、あちこちにミスが。
てことで、家に帰ってミスを修正して…。
とりあえずごはん…。
で、「虻」の作成して、最後に「お手紙」です。
お手紙、意味がわからないことが書いてあって、どう答えたものかと思ってたんですが、昨日やっとわかったんですよね。ようは「お前がレンガ積んでる場所はどこやねん、それはなんのために積んでるねん」と。それを「「文脈で読み取れ」ではなく、きちんと文章にしろ」と。そういうわけなんですね。簡単に言うなら、読む人のことを考えろと。
こうやって考えると、この世界ってとても優しいなと思います。だって、「ここ、レンガ積みます!」って言ったらそこは開けておいてくれるし、それどころか横からいろいろアドバイスくれるし、なんならモルタルづくりぐらいは手伝って下さる方もおられます。
そんな感じで、9時頃に終了。さてと。お風呂に入りましょう。日曜日以来です(笑)。
お風呂に入って、顔をひとぬぐい。
あり?両手でできる!薬指が鼻に入らない!すごい!
あり?両手で髪の毛が洗える!
これまた10年ぶりくらいの感覚にビビりました。
で、湯船に浸かってボーとしてると、自然と「お手紙」との対話がはじまります。
「んー、なんのために積んでる…」
「えーと、そこにレンガの隙間があるから」
「ほんとに?」
「いや、あるのは見たらわか…」
「いや、そーじゃなくて、きちんと言わないと」
「あー…」
ほんのひとつの単語が足りませんでした。でも、その単語がなければ「なぜ」が伝わらない。
てことで、お風呂から上がったら、再びパズルです。なにせ文字数がキチキチです。ひとつ単語を入れるとひとつ単語を減らさなきゃなりません。そうやって見てると、余計な言葉が見つかるからおもしろいですね。
そんなこんなのあと、ダメダメ先輩と少しやりとり。細かな疑問を教えてくれます。ありがたい。
てことで、10時半に送信。
今回も迷走しました。
1ヶ月前にメールが来た時は、他のゲンコがふたつあって、どうしようもありませんでした。11月末にできるぞ!って思って、そこから修正をかけて、1週間後にいったん書き上げました。これで山を9合目まで登ったつもりだったのですが、実はピークを間違えてたことに気づいたのが1週間前です。それからの1週間はトランスジェンダー生徒交流会の合宿はあるわ、昼飲みして1日潰すわ、ザイヤフレックス投入するわ、歯医者行くわのメチャクチャな日々でした。でも、モルタル練ってもらったり、センセから「本文より詰まらなくなっているかも」というありがたいお言葉をいただいたりして、昨日は同僚にも手伝ってもらえてアタックポイントまで到達できました。そして、やっと送信。送信した瞬間、ジワジワとうれしさがこみあげてきました。「やっとここまで来た」。あとは「お手紙」をくださったおふたりに判断をゆだねるだけです。でも、素直に通ってほしい。この感情は前にはなかった感情です。
てことで、土曜日以来のヱビスです。パートナーと小さく乾杯。

苦っ!ホップがすごい。これがヱビスの味なんですね。マヒしてるなぁ。やはり味を楽しむためには、間隔あけたほうがいいのかなぁ。
そんなこんなで探偵ナイトスクープを見てクールダウン。
さてと、寝ましょう。

それにしでも、「巣」やな。今回は最後の一週間はずっとふとんで書いていたのでした(笑)。

かなりしんどいけどピバーク地点なう

昨日はそれなりにちゃんと寝られたかな。夜のんだ鎮痛剤も効いてるみたいです。てか、朝になっても「ち、鎮痛剤!」って感じではないです。手の甲を見たらなんとなく腫れてますが、まぁこれはこんなもんなんでしょう。
てことで、定時に出勤。
とりま、昨日の夜中に思いついた文章を放り込んで、関係諸方面にメール。まだまだ細かいブラッシュアップは必要ですが、「牛」を作成しなくちゃ。
てことで、考えはじめたのですが、わずか600字がなかなか思いつきません。出だしを書いたところで今学期最後の授業です。ひとクラスは1時間多いので、宿題の解答を書いたところで終了。あとは宿題の配布です。が、配れない。そりゃそうです。B4の紙は片手では配れません。てことで、いつもうるさくて注意してる子に「配ったろかって思わへん?」と言うと「配らせてもらいます!」と。ありがたい。
4時間目は指の話をしてから授業。こちらはかなり忙しかったので、宿題はみんなに配ってもらいました。なので、配られた方は「何枚あるねん!」と大騒ぎ。そんなん、知らんがな(笑)。
てことで、再び「牛」と向かう時間です。なんとかかんとかつくりおえて、次は「虻」です。が、無理。
前は「虻」を前提に「牛」をつくりましたが、今回はその余裕がありません。どうしようかと思ったけど、英語科の教員に「英訳できる?」って聞いたら「やってみましょか?」と、天にも登るほどうれしいお答え。
あとはとある会議中に(笑)細かな文言をチェックチェック。ところが、会議中にだんだん体調が悪くなってきました。言うなれば貧血的な?まぁ血糖値が下がってきただけかもしれませんが、それにしてもしんどいです。これはやばい。
てことで、職員会議が終わったところで早々に撤収です。ちなみに、職員会議は定時をオーバーしてたりします(笑)。
で、家帰るも、やる気が出ず。どうしたもんだこりゃ?とにかく、作業をしましょう。てことで、頭をさほど使わない作業をして、さっさと寝ることにしました。すでに山はピバーク地点まで登ってます。たぶん、明日はもっかいコロボックルさんが来てくれるでしょう。そしたらアタックだ。

痛みに耐えながら考える

昨日の夜は手の痛みでほとんど寝られませんでした。寝たのは1時間くらい?まぁその前に寝たからええか。
てことで、今日は定時出勤です。
とりま、午前は授業とかに集中です。特に3・4時間目は「母平均の推定」だったりします。教えてる子の中には社会学に行く子もいるし、いちおうこのあたりは「やったことあるな」って思ってもらうだけでもいいんじゃないかな。てことで、はじめて「数学B」の教科書を全部やりました。が、教えてる最中に手が痛んできました。しゃーないから鎮痛剤です。
昼ごはんを食べて、午後はおべんきょ。とりま、お友だちがガッツリ赤を入れてくださったペーパーを読もうとソファに寝転んだら寝てしまいました(笑)。ま、しかたない。でも、チャイムで目が覚めて、そのあとはひたすら検討です。が、4時くらいから手が痛みはじめました。うがー、きつい。考えがまとまりません。とりま、4時半くらいに鎮痛剤です。前に飲んでから5時間。まぁええか。
職場からの帰りに歯医者に寄るなど。なんでこんなややこしい時にいろいろ入れてるかというと、こんなややこしいことになるとは1ヶ月前には思ってなかったからです(笑)。
歯医者のセンセに「骨折ですか?」と言われたので説明。すると右手の拘縮を「触っていいですか」と。さすがお医者さん。好奇心は隠せないな(笑)。
てことで、家に帰って、再びおべんきょ。いろいろ参考になるものを読むんですけど、みなさん難しい。頭いいんだなぁ。自慢じゃないけど、わたしのは簡単だぞ(笑)。これとかメッチャ簡単に読めちゃうぞ(笑)。
てことで「よ牛」を考えてるうちにセンセからメール。がびーん。なるほど。そうだよなぁ。わたしの「おべんきょ成果」って、わたしの考えよりも、わたしに考えるヒントをくれた人の魅力なんだよな。そしてその魅力をわたしなりに「なぜ魅力的なのかを理解」しようとしたことを文章にしたのが、わたしの「おべんきょ成果」なんだよな。だから、わたしの考えを前に出すんじゃなくて、魅力的なその人を前に出して、そこにわたしなりの「理解」をつけたり「気づき」をつけることが必要なんだな。
反省!
残り2日だけど、最後の追い込みをしよう。まだ攻められるはず。そのために必要なのは睡眠です。もうすぐ12時。その前に鎮痛剤を飲んでおきたいな。てことは、おなかの中に何か入れておかなくちゃ。てことで、寝る前のおやつだったりします(笑)。パートナーに入れてもらったハーブティーでおやつと鎮痛剤を飲んで、さて寝るぞ。

おべんきょ→合宿

今日から明日、トランスジェンダー生徒交流会の合宿です。なんでまたややこしい時にややこしいことがいっぱい入ってるんだと思いますが、「おべんきょ成果」の〆切りがあとから飛び込んできたからしかたありません。幸い、今回は合宿なので、夕方からの開始です。なので、午後まではおべんきょができます。
まずは朝イチ、内科医に行ってカゼ薬をゲットです。
それからおべんきょ。
とにかく昨日のセンセのメールに従ってリライトです。と言っても、そんなに大きく変えるわけじゃないです。ベースにするのは先週完成させたものではなく、3ヶ月前のもの。それに先週の気づきをまぶしていきます。さらに慎重に読み進めながら、チョコチョコ修正。まぁとりあえず何箇所かアカンところがあるけど、ひと通り最後の一歩手前までいきました。ここでタイムオーバー。
合宿の会場に着いたところで「7時まで飲まずにおべんきょする」宣言。でも、いろいろ人が来て話し相手もしなくちゃなりません。それでも、新たなバージョンをつくるべく、少し削って別のところへ持って行って。そんなことをしていたら、7時前になりました。
「今日はおしまい!」宣言をして、すみやかにビールをプシュ。
あとはクリームシチューを食べたり焼肉食べたりしながら、ワインを飲むだけです。エロいお母ちゃんたちと「お前がエロい」「いやお前のほうが」とエロさのおしつけあい。まぁそんなことをやっているうちに夜も更けていきます。
しかし、今日も参加者多いわ。しかも中学生のトランスボーイが多い。かつての
「オレ、ホンモンです」
と言いながらジャリジャリしてた子らとはぜんぜん違って、なんかみんなシュッとしてます。かわいい男の子という感じ。たぶんロールモデルが変わったんだろな。
そんなことを感じながら、とりあえず会場を脱出。今日はふとんの上で寝たいんですよ。また明日の朝ね。

キャンセルし忘れた

今朝も絶不調です。でも、授業は容赦なくやってきます。とにかく声が出ないので、ボソボソ元気なくやります。が、2時間目に少し元気が出てきたので、試しに生徒と一緒に走ってみました。が、7分ほど走ったところで肉離れが再発。やはり1週間では治りませんね。まぁ年内は走るのをやめときましょう。
そんな感じで、あとの授業をこなしながら、今日も「おべんきょ成果」です。こないだ考えたヒントについてうーんうーんと考えていたのですが、あのヒント、ダメだってことがジワジワわかってきました。てことは、この4日間考えてきたことは全部ムダなのか?てか、ほんとうにやりたいことはできないのか?こう考えると、どんどんメンタル的に落ちてきました。こんな時は…。
思わずセンセにメール。
「ものすごく精神的にはきついのですが、どうやらほんとうにやりたいことはあきらめるしかないようです」
するとほどなくメール。わたしがやってることに不備は多々あるものの
「あきらめた先にやろうとしている方向そのものは間違いじゃないよ。そこにこそ「すごいこと」があるんだよ」
という感じのことが書いてありました。
基本的に一度ではわからない文章ですが、何度も繰り返し読んでるうちに、やらなきゃならないことが明確化してきました。なんとか生き延びられそうです。
てことで、ひとまず「おべんきょ成果」は寝かせることにして、成績処理をするなど。幸いにして成績は全て出揃ってるようなので、あとはexcelつかってチョコチョコするだけです。てことで、成績処理も終了。月曜日がグッと楽になりました。
で、今日の夜の会場へ。今日は職場の忘年会です。ほんとはキャンセルしたかったんだけど、昨日キャンセルするの忘れてて、今朝「キャンセルできます?」って聞いたらダメだったので、やむを得ず参加することにしました。
体調は悪いけど、声は出ないけど、まぁそれなりに楽しんだかな。でも二次会には行きません。さっさと帰って、とにかく寝るんだ。

こもって書く

今日はほとんど奇跡に近い「なにもない日」です。21日が〆切だけど、そこまで一日取れる日がないから、とりあえず今日を自分的には〆切に設定しています。ここでセンセに送って読んでもらってコメントもらって、さらに書く。
てことで、朝からうんうんうなってました。
にしても寒い。なので、おふとんのなかにもぐってうんうんうなってました。そしたら腰が痛くなりました(笑)。まぁ、こないだの無理が来たんでしょうね。自業自得です。
とりま、昨日の夜に文字数無視状態で最初から最後まで通してたので、それをダメダメ先輩に送ってコメントもらいました。
「読んでもわからない」
とのこと。なるほど。貴重な意見です。そのために、少しくどいかなと思うくらいに確認の言葉を入れないといけないんでしょうね。
いろいろアドバイスをもらったところでお腹が減ったので、定番のトゥンセラーメンです。寒いけど、なんとなく庭で食べようかな。

ここから、facebookやらtwitterに逃避しながら、少しずつ詰めていきます。たぶん、逃避って大切なんですよね。逃げながら考える。
すでに文献を読むフェーズじゃないです。自分が何をしたいのか。何ができてるのか。そこから得られる結論はなんなのか。それは「したいこと」と一致してるのか。そんなことをぐるぐると考えるので、なんかウロボロス状態になります。でも、それでいいんです。そうやって修正していくしかないんです。
そんなことをやってると、当然のことながら文字数オーバー(笑)。なので、ここからは余計な言葉を削ぎ取る作業です。
で、とりあえず終了したのが7時。いい感じです。だいたいこんなもんです。〆切の時は11時50分までがんばりますが、今日はこんなもんにしといたるわ!
てことで、あとはビールとテレビで終了です。

ただ帰るだけ

朝、7時過ぎに目が覚めました。昨日の夜はかなり風が強かったので、どうかなと思って窓の外を見ると、雪。

てことで、ここはやはり露天風呂かなと思って温泉に行きました。外は寒いけど、お風呂は温かい。気持ちいいなぁ。顔は冷たいけど。
で、朝ごはん。納豆・卵・焼きサバ・小鉢が2つ。食べすぎました。てか、厨房見たら洋食あるやんか。まあいいか。
ということで、しばらくのんびりして移動開始です。N田さんに車に乗せてもらって近くのバス停へ。ここから広島に向かいます。広島からは新幹線。時間はちょうど昼。どうしようかと思ったけど、なぜかコンビニで麻婆丼を買ってしまいました。もちろんビールもね。食べすぎました。
実は今日は「関西インクルーシブ教育研究会」で、終わってから忘年会もあるし、ものすごく行きたかったんだけど、あいてる土日がほとんどないので、涙をのんで断念。そのまま家に帰って「おべんきょ成果」の修正作業です。
うーん、最後がうまくいかないな。でも、それ以外はちょこちょこと出過ぎたところを叩いたり、引っ込んでいるところを引き出したり。はたまた余分なところを刈り込んだり。かなりまとまってきた気がします。とにかく今日明日で形にして、一度センセに送りたい。
と思ってたけど、6時半頃にパワー切れ。あとはダラダラして10時半頃に寝ちゃいました。
勝負は明日やな。

整体みたいなもん→複合差別とダブルマイノリティ

朝、けっこうすっきりしています。やはり7時間くらいは寝ないとダメらしいです。まぁまぁな体調でガッコに行っていきなりスパートをかけます。取り出しです。でも、さすがに試験前日とあって、まぁまぁな感触です。とにかく苦手なものはしかたないです。人生であと3回の数学のテスト、なんとかうまくやり過ごしてくんなって感じです。
3・4時間目は相変わらずの自学タイムです。子どもたちは自らの課題と向き合い、わたしも自らの課題に向き合います(笑)。
静かな教室は思考が進みます。
とにかく、やりたいこととやったこととできたことがうまく並んでません。少し歪んでる。これをまっすぐにするのが今回与えられてるお題です。「やったこと」は変えられないので「やりたいこと」と「できたこと」を変えるしかない。少しいじっては離れて見るを繰り返しながら微調整をしていくと、「おっ」って思う瞬間があるんですね。そんなのを繰り返しながら、2時間で脳みそが「ヤダ」って言ったので、頃合いもよく断念。

午後は休みをとって、「世界人権宣言70周年記念大阪大会」です。お目当ては「複合差別」のシンポジウム。シンポジストは金友子さん・田中一歩さん・藤原久美子さん。
まずは金友子さん。アプロの在日コリアン女性実態調査に基づいた報告です。女性であるがゆえに攻撃しやすい存在としての在日コリアンの置かれた状況を語られました。あと、複合差別のめんどくさいところとして、「民族」で捉えると「女性」が消え、「女性」で捉えると「民族」が消えるというあたりも「なるほどな」と。
続いて田中一歩さん。いつもいろんな話をするけど、あらためて話を聞くのははじめてです。でも『部落解放 711号』を読んだりしてるから、知っていることもあるかと思ったけど、やはりあらためてガッツリ聞くとおもしろいですね。ちなみに、今回は(笑)わたしの名前が出てきました。やはりうれしいです。それにしても、「ミノの天プラ」は反則です。
で、藤原久美子さん。DPIの方なんですが、隣りに座ってたTじさんに「これ、ダメ・ピープル・インターナショナルの略で、わたし入ってるねん」というと、メッチャウケてました。で、内容は障害女性の話なんですが、「隠れた優生保護法」はいまだにあるんだなと。単に視覚障害であるというだけのことなんですけど、「子ども育てるの大変だから生まないほうがいい」とか言われたり。あー、でも、わたしも「子どもがかわいそう」ってさんざん言われたな(笑)。あとは性暴力の対象になりやすいって話、聞いたことはありますが、あらためて「だよな」と思うわけです。
で、みなさんの話を聞きながら、でも、ふと「ダブルマイノリティの持つ可能性」ってのも考えられるんじゃないかなと思いました。
「複合差別」ってとらえ方は「被差別者」としてふたつの要素を持つわけですが、「ダブルマイノリティ」というとらえ方は、もしかしたら「ふたつのアイデンティティを持つ人」というとらえ方になるのかなと。すると、例えばAとBというマイノリティ性を持つ人とAとCというマイノリティ性を持つ人がいて、Aという共通の要素を通じてBとCというふたつの課題がつながる可能性があるってとらえ方もできるんじゃないかなと。
なんてことを思ったけど、これってすでにベル・フックスが言ってるなと。
てことで終了。おもしろかったo(^^)o。
ちなみに、「ダブルマイノリティ」の話を金友子さんに話に行ったら「そんなことより、また飲みましょう」みたいな話になったので、また企画せねば(笑)。

集会後はもちろん総括です。気がつくとE井さんとかRンダさんとか、なんかもうエレガントな人々と一緒になって、なかなか楽しい総括になりました。さらにそのあとTじさんとサシ飲み。アホなことをいっぱい言ってしまって反省。でもまぁ、研究会はしましょう。