Untitled

全体会が終わって、とりあえずホテルへ。と、途中で見つけた足裏マッサージ。40分で2500円。安い!てことで、フラフラと入ってしまいました。
で、ちょいと時間をつぶして「私的懇親会会場」へ。
今日は奈良・三重・和歌山・京都の合同呑み会です。
ここで、またまた「おんなたち」の「女性部」「母女」への思いを知りました。でも、酔っぱらっていたからよくおぼえてない(笑)。
そうだ!11時に入札せなあかんかった。帰らなくちゃ。

ここからが本当の用事

裏の用事はそれはそれ。表の用事もあるわけで。
今日〜明日と、日比谷公会堂で「母と女性教職員の会 全国集会*1」がありまして。今日はその全体会の日です。
この「母女」、実は「行きたい」とは思っていたけど、ずっと「行きたい」と言いだせなかったものなんですよね。ひとつは、うちの教組の女性組合員が「行きたい」と言ったら、もちろんそっちが優先です。
でも、もっと大きな理由は、「わたしが行ってもいいのか?」ということなんですよね。1954年からはじまった「母女」の運動は、当時の状況を考えると、画期的だったし、組合という中での一大ターニングポイントとなったと思うわけです。そして、いまも「退職女性教職員」という形で、当時のことを知る人々も参加されます。
こういう集会に、MTFトランスであるわたしが参加するということは、それなりの自分の中の「思い」が必要だし、それよりもなによりも、みなさんの「受けとめ」なしには参加できないと思うわけです。少なくとも「自分は女になった」などとは、口が裂けても言えない。逆に言うと、「男」だったら、もっと敷居が低かったかもしれないなぁとも思うわけです。
そんな自分ではあるけど、やはり一度は参加したかった。なので、今回たまたま参加希望者がいなかったということと、日程があいたと言うことで、はじめて「母女」に参加することができたわけです。
で、全体会。いい!
なにがいいかというと、例えば開会宣言やあいさつの時、必ず「自分のこと」をひとこと言われます。それが実に活き活きとした内容です。ほんとうに血の通った言葉が出ます。そんなところにも「母女」にかける思いを感じます。
で、桜井千恵子さんの記念講演。おもしろい内容だったけど、途中で体調悪化。まだリハビリが足りません。しかたがないので、ちょっと外に出てソファーで横になります。
続いて、沢知恵さんのコンサート。いいですね。ほんとうにいい。「おんな」が「おんな」に対して放つメッセージが、これほどまでに優しいものかと思いました。いろんな歌があったけど、例えば「おんな」にとっての「若さ」ってなんだろう、「老い」ってなんだろう、そんなことを感じながら、いま、わたしのとなりにいてくれている「おんなたち」との関係が、だんだん腑に落ちてきました。
と、いろんなことを考えながら聞いていると、いきなり「えっ!」と思う曲がはじまりました。
「死んだ男の残したものは」
でした。

*1:「全国母女」と略

ある挑戦

どうも東京は全体的にクーラーがききすぎている気がします。まぁわたしが行ったところだけかもしれませんが…。
なので(?)、朝食はユッケジャン

熱々辛々をフーフー言って食べます。この朝食が200円とは信じられません。
今日の用事は午後からです。ちょっと時間があるので、近くの薬局へ。なんしか尿取りバッドは分厚すぎ&横幅ありすぎで、すれていたくてどうしようもありません。なので、もっと薄いものに挑戦をしてみることにしました。とりあえず、こういう時はいったん極端に振らないとわからない*1ので、まずは17cm*2をチョイス。ホテルに帰ってフィッティング。いやぁ快適!今日は楽に過ごせそうです。
で、午後からの用事の会場へ。
早く着きすぎたので、ちょっとあたりをグルグルして昼ご飯の場所を探します。で、入ったのがラーメン屋さん。といっても、「刀削麺」の店です。で、頼んだのがマーラー麺。

朝食に引き続き、熱々辛々をフーフー言って食べます。さて、これが傷にどの程度影響があるかな。まぁ新陳代謝をよくするからええかと。
で、会場に入ってトイレに行くと、あきません。よれています。ショックorz
用事が済んだ帰りに再び薬局へ。こんどは20.5cm*3をチョイス。うん、これならよれる心配もなさそう。いい感じです。
「今日から軽い入浴可」と言われていたので、久しぶりにお風呂につかってさっぱり。
で、このあたりをパートナーにメール。すると返事がありました。

そうそう。どのナプキンが快適か探すのは、ちょっとした楽しみやろ?

やるな、先輩!

*1:BIOSのセッティングと一緒とか(笑)

*2:「軽い日に」と書いてある

*3:「しっかり昼用」と書いてある。羽付き