日別: 2009年11月7日

ディープな夜は更けていく

当然終わった後は交流会。ゼロ島さんも来られます。
宴会で盛りあがりながらも、地元での厳しい状況が垣間見られます。そりゃそうですよ。和歌山市ほどの大きさの街ならいざ知らず、みなさんけっこう小さな町からも来ておられていて、そんなところでやっていたら、ほんとうにたいへんだろうなぁと思います。だからこそ、こういう「場」が必要なんでしょうね。
そうこうしているうちに、大阪方面から来ておられる方が
「ホテルとるわ」
と言い出されます。こりゃ本気の飲み会になってきたな。
1次会がはねたら2次会のスナックへ。しばらくウィスキーを飲んでいましたが、そのうち寝ちゃいました。マジで弱くなったなぁ。

{ Add a Comment }

で、本番

こっちが本番なんですよね。
なにせチーム紀伊水道として、はじめてのとりくみだそうです。自然とこちらにも気合いが入ります。とは言え、気合いを入れすぎるわけにもいきませんから、淡々とパソコンに向かってお好みレポートを書いて時間をつぶします。と、そこに交流会に来ているMTFの女子高生登場。いつものことながらかわいいなぁ…。
最前列に座っておられる方が
「これ、渡してあげて」
と言っておられます。花束です。こんなのはじめてです。かなりうれしいです!
時間が来たところで、代表のE澤さんがあいさつされます。ポケットから大量の紙を出されるのですが、ぜんぜん読まれません。どうしたんやろうと思っていたら、すべて白紙でした。細かいウケをとられます。すごいよ…。さらに、わたしのことを「師匠」と呼んでおられます。いや、そんな大それた^^;;。
今日は2時間半ほど時間がもらえているので、けっこうゆっくりと話ができます。和歌山の人はマジメだと聞いていたので、少々緊張しますが、前の方の人がけっこう受けてくださったり、後ろの方の人のニコニコとした笑顔が見えているので、ホッと一安心です。そうこうするうちにゼロ島さんも登場。いやぁわざわざすみません^^;;*1
とりあえずしゃべりきったところで質疑応答です。普段はほとんどでないのですが、今日はディープな質問がいっぱい出てきます。すごく前向きに聞いてくださっていたことが伝わってきます。当事者の方もいっぱいおられます。そんな人たちが、これまた感想や質問を出されます。きっといろいろあったんだろうなぁ…。

すごく真剣で、それでいてアットホームな感じは、やっぱりチーム紀伊水道のみなさん、特にE澤さんの人柄なんでしょうねぇ。と同時に、「やっとこういう時間が持てた」ということもあるのかなぁ。ほんとうに感謝です。

*1:他にも今日は某所でイベントがあったとか(笑)

{ Add a Comment }

亮@芦原

今日は和歌山でお座敷。チーム紀伊水道のみなさんにお世話になります。でも当然その前にご当地グルメです。
和歌山では前に「キャベツ家」に行きました。今回はその近くにある「亮」というお店です。
到着すると、ちょうど開店ちょうどです。壁を見ると、「イタリアン」とか「アメリカン」とか、わけのわからないメニューもあります。でも、そんな中に「ころころ(牛すじコン)」とかあります。王道をいっておられます(笑)。
で、いつもの通り「カスありますか?」と注文。当然ありますo(^-^)o。
材料を見ると、どうもベタ焼き系のようです。

片面を焼いてひっくり返したところですぐにソースを塗られます。

「へ?もはや?」まだ火は通ってないはずなのに…。と思ったのですが、ここで半分に折られます。

徳島のはやしを思い出します。考えてみると、徳島と和歌山は海を隔てて隣同士なんですよね。というか、明石海峡大橋ができる前は、徳島から大阪に行くには、まず和歌山まで船で渡って、和歌山市駅から南海で行くというのがルートだった*1とのことなので、徳島と和歌山が似ているのは当たり前なのかもしれません。
半分に折ったとなりに卵が割られます。半分に折った状態のままでその卵の上に乗っけます。しばらく焼いてひっくり返すとできあがりです。

食べてみると、けっこうしっとりとした食感です。なるほど、半分に折ることによって、中まで火は通っているけど通り過ぎないわけですね。
さらに、ソースがなんともいえない酸味があっておいしい。
「どこのソースですか?」
と聞くと、出してくれたのがハグルマソースという、今まで見たことのないソーです。なんでも和歌山では相当ポピュラーなソースらしいです。まぁ和歌山には「湯浅醤油」というとても有名な醤油屋さんもあることですから、ソース屋さんがあってもいいのかもしれません。納得のしかたとしては、ちょっと変かもしれませんが(笑)。
和歌山は基本的にはベタ焼き・半分折りが一般的だとか。おかあちゃん曰く「京都から来たんかもしれんな」とのことです。カスは大阪まで買いに行っておられるとか。「この辺ではもう入らへん」とのことです。芦原といえば皮どころで、おいしそうな和牛を売っておられる店もあたりにたくさんあるのですが、そういう状況なんでしょうねぇ。
一緒に食べに行ったMりなさんはホルモンのお好みを頼まれたのですが、こちらのほうはホソを軽く炒めた後、乗っけられます。炒める時に軽く塩こしょうをしておられるので、なんとも言えない塩味が絶妙です。

食べ終わるとおばちゃんが
「柿食べるか?」
と言いながらむいてくださります。うれしいサービスです。
てことで…。
data

カスお好み 700円(推定)
ビール 生中450円、中瓶500円
スタイル ベタ焼き系
その他 ピザふうのお好みとか焼きソバとか、ちょっと変わったのもあります。でも、やっぱり王道はカスとホルモンです。ちなみに壁のメニューにはカスは書いてありません。「コロコロ」がいまだに気になっています。なんでも子どもさん白血病で亡くされたらしくを患われたことがあるらしく、お父さんからの骨髄移植で元気になられたとか。店内には本田美奈子とか夏目雅子とかのポスターがいっぱい貼ってあります。ちなみに、店の名前も子どもさんの名前からとったそうな。
独断的評価 ★★★★★(正確には4.7ぐらいかなぁ…。すごくおいしいのですが、なにかが足りないんです。なんなんだろう…)

詳細なリンクも更新しましょう。

*1:by ゼロ島さん

{ 4 Comments }