とうとうやってきた・雪と氷の世界(4日目)

朝起きると肋骨が痛い。いや、昨日から痛かったんですがね。単に夕方の自己練習でコブに行って、ちょいと突っ込んでこけてしまって、ストックのグリップで肋骨をしたたか打ったというだけのことです。たぶんヒビ入ってるな(笑)。

今日の午前中は、昨日の午後に引き続き子どもたち4人です。
前半はちょっと練習なんぞしてみましたが、後半はコースとコースの間を滑ったり、コースから外れたところを滑ったり、もう、やりたい放題です。でも、こういうのがおもしろい。スキーって、おそらくコースやゲレンデからはずれたところを滑るのが醍醐味なんでしょうね。
あ、人生と一緒か(笑)。
子どもたちもキャーキャーギャーギャーはしゃいでいました。
あとで親に「楽しかった」と言ってたらしいけど、そりゃそうでしょうね。

午後は2人帰ったので、残り2人を相手にしみじみとトレインです。この子は前に教えたことがあるので、ある程度クセもわかっています。でも、前より少しうまくなっているかな。いずれにしろ、トレインをしながら留意点を指示します。まぁ注意できるのは1回に1個が限界ですから、他のところはあえて指摘しない。そんなことも大切かな。
いや、
「◯◯に注意して滑ろうね」
と言って滑りはじめて
「あ、××ができていないね」
とかいうことがありますが、これ、子どもにとってみたら
「反則や!」
となるんだと思いますね。

で、レッスン終了後は自己練習。昨日行けなかったところなんかに行ったりして、まぁそれなりに。
それにしても、確かに雪の上には立っているけど、自分が自由に滑れる時間は1日のうち1時間だけなんですよね。まぁそれくらいでちょうどいいのかもしれませんが…。

さぁ、あとは帰るだけです。
帰り道にこんなものを見つけました。

「この下便器あり」
なわけないか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。