まさかここで話をするとはなぁ…

今日は午前中姫路でお座敷。呼んで下さったのはY’sユース姫路というグループです。このグループ、YMCAの関係のグループなんですよね。で、YMCAというと、わたしにとってすごく世話になりつつも、最後はすごく傷つけられたために関係を切ったという、まぁ複雑な思いのするところなわけです。
実は、そんなこともあって、来ようか来るまいか迷ったのですが、結局「意趣返し」みたいなつもりで来ることにしたという。
にしても、9時半に姫路に着こうと思ったら、えらい早い時間に出ないといけません。まいったな、これは…。
さて、会自体はこぢんまりとしたものでした。でも、「知らない」がゆえにすごく積極的にみなさん聞いて下さって、来てよかったなぁと。
話のあとはみなさんと一緒に昼ご飯を食べて*1、みなさんとお別れ。

*1:わたし一人ビールを頼みましたけどね(笑)

まさかここで話をするとはなぁ…” に2件のコメントがあります

  1. O峰山ねぇ・・・。
    当山派修験道の本山である真言宗も、本山派修験道の本属である天台宗も、女装の稚児を「観音菩薩」の化身としてとても大事にしました。
    だから、今度は、美麗な女装者を伴って登られたらいかがでしょうか?
    美しい女装者が入山すれば、O峰に鎮まる宗門の先達の良いご供養になるでしょう。

  2. どうも「求める会」=「突入」というイメージがあるようですね。
    あの時も、「求める会」としてはそういうことはしておらず、解散した後に一部の参加者が突入をされたと聞いています。
    で、今回の「プロジェクト」は、その手のこととはまったく違いますので、ご安心下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。