日別: 2007年1月31日

フィールドワーク

今日は、浪速の近くで漫談。終わってから、友だちと一緒に呑み。呑みながら、フィールドワークについての話がちょこっと出ました。
部落なんかにフィールドワークに行く人って、たいていは「悲惨な状態」を見ることを期待していくんじゃないかと思います。ちなみに、わたしも例外ではありません。
ところで、実際に行ってみると、地区改善事業なんかで、それこそ1950年代のムラの姿なんてかけらも残っていません。そこにあるのは、巨大な団地群だったりします。しかも、ムラ中の高齢化は激しく進行しているので、歩いているのはたいていおばあちゃんやおじいちゃん。あるいは、だれも歩いていない!そんな町なので、お店も儲かりません。なので、食べ物店もぜんぜんありません。そうなってしまうと、結局、事業のあとにつくられた「遺跡」を歩くことになりますし、そこに「ムラの文化」みたいなものはほとんど感じとることはできません。
ただ、こうした現在のムラの姿ではありますが、ムラの人たちの闘いの中で勝ち取ってきた事業の「成果」でもあるわけです。そりゃぁ、実際に住んでいる人にとって、バラックに住むより団地に住む方がいいに決まっていますから。そして、その時点から30年以上経過した結果としての現在の姿でしかないわけですから。また、多くのムラでは「このままではいけない」ということで、自分たちのムラの文化をもう一度発掘しよう、あるいはつくりなおしていこうという動きがあります。浪速の太鼓集団「怒」もそういう動きの中で活動があるわけです。
ところが、これがまたフィールドワークに行く側にとっては悩ましいことなんですね。なにしろ、フィールドワークでふれることができるのは「人間」じゃなくて「場所」だけなんですよね。となると、村の中で今新しく動きはじめている「人」の息づかいは、フィールドワークでは感じられない。
で、今日話していた内容は、どうもこのあたりの食い違いが、フィールドワークに「行く側」フィールドワークを「企画する側」フィールドワークを「受ける側」の3者の中で大きくなってきているんじゃないかという話なんです。
で、わたしはというと…。
個人的に好きなのは「自主フィールドワーク」なんですね。まずはムラ中をほっつき歩く。出会った人には適当にあいさつ。そうすれば不審な目がふと和らぎます。ムラの境界は注意深く歩いていると自然と感じとることができます*1。さらに、ムラ中の掲示板やお店の看板を見ていると、どんな仕事があったのか・あるのか。いまどういうことがムラ中で課題になっていて、それに対して何をしようとしているのか。そんなことがだんだんとわかってきます。スーパーの惣菜コーナーを見たら、そのムラの食文化がよくわかります*2
そして、人の息づかいを感じとるためには、お好み焼き屋さん*3に入ります。昼時には、たいてい誰か近所の人が食事をしていたり、出前の電話がかかってきたりします。そんなところで行き来する会話を聞いていると、巨大な団地群の中の「遺跡」とはまったく違った「いま」が感じられます。
こんなフィールドワークをしてみたらどうかなぁ。

  1. あらかじめそのムラの歴史を簡単に予習する。
  2. 昼時をまたいで2〜3時間ほどフリータイム(個人行動)。
  3. 昼のビールは許可(笑)
  4. 3時間ほど散歩して帰ってきたら、情報交換会。
  5. 情報交換会のあと、地元の人からみんなが見つけたトマソン(笑)の説明を受ける。
  6. その説明を受けた後、再度散歩(個人でも全体でもOK)。
  7. 散歩のあと、夕方のビールを飲みながら振り返り。

*1:もちろん多少のブレはありますけどね

*2:「浪速ショッピングセンター」の肉コーナーには、「さいぼし」「こごり」「カス」がわんさか並んでいます。

*3:別に定食屋でもいいんですけどね・笑

{ Add a Comment }

ヒロ@浪速

浪速に行ったら必ず行くお好み焼き屋さんがありました。ところが、この間前を通ったら、看板がなくなっていましたorz。まぁ、健康上の理由とか、単に「イヤになった」とか(笑)、よくあることなんですけどね。その後、一軒あるのがわかったのですが、「カスありますか?」と聞くと、「ありません」という返答があったので、速攻却下です。しゃーないので、お昼ご飯は「ニューなに和」に行くことにしていました*1
ところが、この間「太鼓ロード」のフィールドワーク中にひょいと横を見ると、ありました!それが「ヒロ」です。場所は、芦原橋駅下車。東側の「なにわ筋」を南へ。「ごえん」という定食屋の角を曲がったところです。
お店の中は、普通の*2お好み焼き屋さんです。メニューをザッと見て。と、ない。けど、とりあえず聞いてみます。「カスありますか?」。おばちゃん、瞬間の躊躇のあと、「ありますよ」。「じゃ、カスお願いします」。
浪速はやっぱり浪速です。お好み焼きはまぜ系です。しかも、ここの大きな特徴は、カスも生地の中に混ぜ込んでしまうことです。混ぜるスピードは、案外もっさりしています。鉄板の上に中くらいの厚さでひろげて、さらにその上にカスを4〜5切れ乗せて、さらに豚バラを2切れ。えらい豪勢です。やがてころあいを見てひっくり返します。さらにころあいを見て、生卵を鉄板の上に落とします。で、肉の面をその上においてしばし待つ。ひっくり返すとできあがりです。

驚くのは、卵が生なのにつぶれていない!もちろん、生地の中にも卵は混ぜ込んであります。おばちゃんに「豪勢ですねぇ」と言うと、「ちょっとカロリーが高いかなぁ」とのことでした。
前によく行っていた店もそうでしたが、この店も、大きさ自体はさほどでもないです。浪速全体がそうなのかどうかはわかりませんが…。とにかく、最後のほうはうんうん言いながら食べるというより、さっくりと食べ終わって、腹八分目程度という感じでしょう。
味のほうは、生地はふんわり。豚バラの脂がほどよくまわっています。下足も少し入っているのはダシのためかな。惜しむらくは、カスが少々固いことですか。でも、このあたりは好みのわかれるところかもしれませんし、単純に仕入れの関係かもしれません。あと数回行かないとわかりませんね。
てことで。
data

お好み焼き(カス・豚・生卵乗せ) 650円
缶ビール350ml(笑) 350円
スタイル 混ぜ系
その他 辛ソースあり・おばちゃんよくしゃべる(笑)
独断的評価 ★★★★☆(カスの固さやね)

*1:そういえば、「岳」が支部に変わっていたのもショックでした

*2:わたしが行く店としては、です。「ぼてぢゅう」とか「風月」とかとはぜんぜん違います

{ Add a Comment }

新エントリ開始!

まぁ、それはそれで気をとりなおして(笑)
昔から「全国お好みマップ」をつくりたいと切に思っているのですが、一方、これ、「諸刃の剣」になるので躊躇していました。でも、この間食べたや今日食べたお好みのことを紹介せずにはおれないなぁということで、とりあえず、新しいエントリをつくってみよう、と。で、今まで行ったところについても、できるだけもう一度行ってきちんとレポートしたいなぁと思っています*1

*1:でも、なかなか行く機会のないところや、すでに閉店したところもあるからなぁ…

{ Add a Comment }